モデルになる手順


モデルステップアップ

モデルは、商品の魅力を最大限にアピールするための仕事として人気があります。
モデルになるためには、いくつか方法はありますが、あまり知られていないのが現状です。
スカウトされて初めてできるものというのはごく一部で、自分でアクションを起こさなければ、夢がつかめないのが現状です。
モデルの募集などを目にしたら、自分に合っていると思われるものはどんどん応募するなどの積極性が必要です。
具体的にモデルになるための方法をまとめてありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

モデル事務所に応募する

モデル事務所は全国に沢山ありますので、写真やプロフィールなどを送り、書類審査が通れば面接になります。
面接では、どういったモデルをしてみたいのか、スタイルやウォーキングのチェックをすることもあります。
合格すれば事務所に登録となり、モデル事務所に来る仕事を受けていくという形になります。
初めてモデルをするという場合には、初めての仕事をする前にノウハウを学んだり、トレーニングをしていくことになりますが、事務所に入れば、そのようなスキルも身につけることができる場合もあります。

スカウトされる

週末やイベントなどでは、モデル事務所のスカウト担当の人が実際に出向いて、気になった人がいると声をかけてスカウトします。
スカウトする場合は、事務所の名刺を渡し、興味があれば連絡するように言われるのが通常です。
実際に事務所に連絡をすると、テスト撮影が行われ、合格するとその事務所に登録となります。
ただ、スカウトされた場合には、その事務所がどういう事務所なのかしっかり調べてから連絡するようにして下さい。
スカウトは思わぬ場所でも行われていることがありますので、普段からケアをしっかりとしたり、ファッションにも気を遣うと、尚良いでしょう。

ファッション雑誌の読者モデルオーディションなどに応募する

近年読者モデル、いわゆる「読モ」の人気が高まり、様々な雑誌が読者モデルを募集しています。
雑誌にはファッションやメイクなどのそれぞれのカラーがありますので、応募する条件としては、その雑誌のカラーになりきれるかどうかというのが重要です。
もし、いつも読んでいる雑誌があれば、その読者モデルに応募してみるというのも、モデルへの近道です。
読者モデルになってキャリアを積んでいけば、他のモデルの仕事や、専属モデルの契約などのステップアップも見えてきます。

RRPROMOTIONのモデル募集

モデル情報版TOPへ