モデルの自己管理方法


attachment01

モデルは、様々な仕事に対応することができるように、日頃から肉体的にも精神的にも自己管理することが必須になります。
最近ではスタイルだけではなく、内面から出る美しさもモデルに重視されていますので、体のケアだけ考えるというのはその場しのぎでは、継続して仕事ができなくなる可能性もあります。
モデルの仕事がない時こそ自己管理をしっかりしている人は、モデルとしての幅を広げることができるチャンスと思い、行動してみて下さい。

モデルに必要な体への自己管理

モデルにとってスタイルを維持するということは基本中の基本で、問題はその中身です。
スタイルを良くしたいからといって、無理なダイエットや偏食をしていては、必ず悪い結果を導いてしまうでしょう。
健康的なスタイルを維持するということがモデルには必要であると考え、体のケアは怠らないようにしましょう。
健康的習慣を長く続けることが難しい人には、毎日体重をチェックする、早寝早起きをする、バランスよく食事をするなど、簡単なことから始めてみるというのもおすすめです。

モデルに必要な心への自己管理

近年、紙面や映像では見えにくかったモデルの性格や取り組む姿勢なども注目されるようになりました。
ですから、自分自身をよく理解し、自分を好きになるというのが、モデルとして成長できる第一歩であると言われています。
自分の魅力は何なのか、どの部分が良いところなのか、挙げられるようにしておいて下さい。
実際にオーディションでは自己アピールする機会も多くありますので、時間があるときにある程度シュミレーションしておくと良いでしょう。
また、モデルはオーディションを受け続けたり、クライアントの要望通りにうまくできないなど、精神的にストレスを溜め込んでしまうことが多くあります。
そのような悩みは顔に出てしまい、思い通り表情を作り出すことができなくなりますので、自分なりにストレスを発散する方法を身につけておくことも大切です。

モデルのプロとしての自己管理

クライアントは、モデルの基本であるウォーキングをはじめ、表情作りなどはある程度できると思って仕事をしています。
ですから、その要望に取り入れることができるように、日々研究をしておく必要があります。
例えば、洋服をきれいに見せることができるようなポーズを考えたり、様々な表情を作る練習をするというのも効果的です。
また、現場によっては自分でメイクするということも考えられますので、メイクの仕方やファッションのトレンドも理解しておく必要があります。
こうした積み重ねが、モデルとしての人気につながっていくのです。

RRPROMOTIONのモデル募集へ

モデル情報版TOPへ