モデルの仕事(日本)


モデルの仕事としてあげられるのは雑誌や広告などに写真撮影をして掲載されたり、ファッションショーに登場することなどがあげられます。
いずれの仕事も不特定多数の人の目に触れる機会が多い仕事です。
最近では雑誌の専属モデルやファッションショーに出演しているような人が芸能界へと進出し、女優やタレント、歌手として活躍するケースが増えています。
芸能界に入っても本来のモデルとしての活動を続けている人も多いので、まさにマルチな活動の幅を広げているケースも多いです。
これらの仕事に共通することは、どんな時にでもカメラを向けられたら即座に良い表情を作ることができたり、ポージングを決められることです。
どんな感情の時でも自然な笑顔を魅せられるというプロ根性がモデルとしてはもちろん、芸能人としても成功するために必要なスキルといえます。

日本でモデルとしての活動をするには、WEBや雑誌の募集広告から応募し、オーディションを通過したり、事務所の担当者からスカウトされたり、まずは読者モデルとして活動するなどの方法があります。

入り口はどんな方法にせよ、トップモデルの仲間入りができるのはほんの一握りの人に限られます。
できるだけ多くのチャンスを掴むためにも、何らかのきっかけがあればどんどん積極的に活動することが大切です。

モデルとしての仕事も自分にとっては不本意となる内容もあるかもしれませんが、そこでくいしばって努力を重ねることでいつか実を結ぶ時期が来ることを信じて色々な仕事をこなすようにしましょう。